貯金箱

株式の取引には銘柄の選択とソフトを使用することが重要になる

株式投資をする

株式

株式投資はあらゆる投資の中で最もメジャーで昔から行われている投資方法ですが、初心者は慎重に投資して、大きな損害を出さないようにすることが重要です。初心者が株に最初に投資する金額はいくらくらいが適切なのかという問題については、個人が持っている資産によりますが、数万円から多くても100万円までとするのが適切です。個人の資産のほとんどを株式投資に振り分けてしまうと、損失が出たときに資産へのダメージが非常に大きくなりますから、資産のうちの5〜20%くらいの範囲で始めるのがおすすめです。以前は単位株制度のため、少額では購入できない株もありましたが、現在はミニ株・プチ株などの制度を利用することで購入できる銘柄も増えました。よって数万円からの株式投資も十分可能なのです。

初心者が株式投資に入門方法は、インターネットが広まる以前は書籍の購入と新聞での情報収集がメインでした。書籍については投資方法に関するインストラクションの本や、会社四季報など投資するための判断材料を入手して、新聞で日々の株価を見ながら勉強するのが主流の方法だったのです。インターネットが発達するにつれて、入門方法にもかなりの変化が生じました。ネット証券会社に口座を開けば、購入しなくても気になる銘柄をチェックできるようになり、市場に関する情報も無料で入手できるようになったのです。投資方法に関する情報はサイトやブログに溢れており、判断材料となる会社四季報もデータ版が購入できるのです。このようにIT技術の発展とともに、初心者の入門方法も現在はネットが中心となったと言えるでしょう。